2015年版移行案内

EQAが競争力の向上のよきパートナーとなります。

Home > 2015年版移行案内

2015年版移行日程

2018年9月15日までに改正された新規格の発行を基準とし、3年の移行期間が設けられております。


移行段階及び手順  

  1. 改正された規格に伴う内部システムの改定(組織)
  2. 内部システムの運用(組織)
  3. 移行審査の申請(組織)
  4. 移行審査に対する検討(EQA)
  5. 移行審査契約の締結(組織-EQA)
  6. 移行審査日程の通知(EQA)
  7. 移行審査の実施(EQA-移行審査)
  8. 報告書の作成(EQA)
  9. 該当する場合、是正処置(組織)
  10. 審査報告書の検証(EQA)
  11. 認証決定(EQA)
  12. 改正された規格に対する認証書の発行(EQA)

GAP分析サービス  

  ・EQAで準備したGAP分析チェクリストを通し、貴社が準備したシステムについて
     ギャップ分析サービスを提供させていただきます。

移行申請/相談方法  

移行のご相談

  2015年版と関連する移行手順についての詳しい情報は、EQA東京本社(03-5272-9002) 若しくはメール(tokyo@eqaicc.co.jp)でお問い合わせいただければ、EQAの専門知識を持つ担当者からご相談させていただきます。

移行のお申込み

  移行申請書をご作成の上、EQAのファクス(03-5272-9003)若しくはメール(tokyo@eqaicc.co.jp)で送信してください。

EQAの強み/特徴

  • 審査の申請段階からアフターサービスまで迅速に対応いたします。
  • 各産業分野別に、経験豊富な審査員が審査を実施いたします。
  • グローバルネットワークを通じ、認証制度に対する動向及び情報をより早く、迅速に提供いたします。
  • 多様な認証サービスを提供しており、複数規格の同時認証が可能です。
  • マネジメントシステムの維持及び継続的な改善活動を支援するため多様な教育プログラムを運用しております。