ISO 認証 / 国際規格

EQAが競争力の向上の仲間のよきパートナーとなります。

Home > ISO 14001 / 国際規格

ISO 14001

ISO 14001:2004 及び ISO 14001:2015 規格の要求事項

ISO 14001:2015 の主な変更点は:

  • ISO 専門業務用指針第1部の附属書SLで規定されるHLSの適用
  • 戦略的な環境管理
  • リーダーシップの強化
  • 環境保護の概念導入
  • 環境パフォーマンス強調
  • ライフサイクルの概念導入
  • 外部及び内部コミュニケーションの双方に同等の比重で強調
  • 文書化した情報の概念導入

ISO 14001の規格要件

ISO14001:2004 ISO14001:2015
1. 適用範囲1. 適用範囲
2. 引用規格
3. 用語及び定義2. 引用規格
4. 環境マネジメントシステム要求事項
4.1 一般要求事項3. 用語及び定義
4.2 環境方針
4.3 計画4. 組織の状況
4.3.1 環境側面4.1 組織及びその状況の理解
4.3.2 法的及びその他の要求事項4.2 利害関係者のニーズ及び期待の理解
4.3.3 目的、目標及び実施計画4.3 環境マネジメントシステムの適用範囲の決定
4.4 実施及び運用4.4 環境マネジメントシステム
4.4.1 資源、役割、責任及び権限
4.4.2 力量、教育訓練及び自覚5. リーダーシップ
4.4.3 コミュニケーション5.1 リーダーシップ及びコミットメント
4.4.4 文書類5.2 環境方針
4.4.5 文書管理5.3 組織の役割、責任及び権限
4.4.6 運用管理
4.4.7 緊急事態への準備及対応6. 計画
4.5 点検6.1 リスク及び機会への取組み
4.5.1 監視及び測定6.2 環境目標及びそれを達成するための計画策定
4.5.2 順守評価
4.5.3 不適合並びに是正処置及び予防処置7. 支援
4.5.4 記録の管理7.1 資源
4.5.5 内部監査7.2 力量
4.6 マネジメントレビュー7.3 認識
7.4 コミュニケーション
7.5 文書化した情報
 
8. 運用
8.1 運用の計画及び管理
8.2 緊急事態への準備及び対応
 
9. パフォーマンス評価
9.1 監視、測定、分析及び評価
9.2 内部監査
9.3 マネジメントレビュー
 
10 改善
10.1 一般
10.2 不適合及び是正処置
10.3 継続的改善


世界の環境関連の規制

国際協議
     - バーゼル条約:危険廃棄物国家間移動禁止
     - モントリオール議定書:CFCの使用及び生産禁止
     - フロンガス規制

ヨーロッパ
     - 炭素/エネルギー税
     - エネルギー効率段階制
     - 環境マーク付与
     - CFC冷蔵庫販売禁止

日本
     - 再生資源利用促進法

ドイツ
     - 包装廃棄物規制
     - 家電リサイクル法

韓国
     - 使い捨て規制
     - 排煙車両の規制
     - 企業環境情報公開
     - 企業会計で環境部門の公示を義務化する嵐


ISO14001推進方針

環境保護は原価節減と無駄使い要素の除去から始まります。
紙一枚、電球1個、水一滴も木や地下資源から作られています。
環境にやさしい経営は原価節減と浪費要素から始まります。

設備投資をする前に工程と作業方法を改善して下さい。
原価、副資材のlossを最小限に抑えてUtilityをより効果的に活用する方法を探し、工程と作業方法を改善して下さい。

環境は企業活動にとって危機にもあり、また、機会にもなります。
まだ、環境マネジメントに投資する費用が必要ないとお思いでしょうか?
環境にやさしい企業だけが生存てき、環境にたいして準備をする企業だけが成長するという事を理解してください。

ISO 14001の認証效果

経営的な側面
     - 企業の信用に対する客観的な立証
     - 法規遵守及び公共政策への副う助長
     - 契約及び保険要件を充足
     - 非常事態の時損失を最小化
     - 職員たちの環境意識向上及び技術向上

企業利益的な側面
     - 資源の效率的な活用で原価低減及び廃棄物減少
     - 顧客及び地域社会から不満予防
     - 職員たちの士気高揚及び企業経営の体系的な適合性油脂
     - 潜在的な思考蘭h及び危険の最小化

原価低減側面
     - 全力, 用水, 燃料, 原副資材(公正合理化) 減少
     - 断熱, 絶縁, 冷暖房, 換気など間接費用節減
     - 廃棄物減少
     - 顧客及び地域社会の不満蘭hで訴訟費用減少

地域社会に寄与側面
     - 地域住民に対する環境, 安全燈企業の信頼性を提供
     - ガス, 煤煙, ほこり, 悪臭, バクテリアなど発生予防
     - 土壌汚染, 景観, 植樹, 動植物飼育
     - 騷音, 震動, 放射狽ネど有害予防