ISO 認証 / 国際規格

EQAが競争力の向上のよきパートナーとなります。

Home > ISO 50001 / 国際規格

ISO 50001

EnMSの概要

エネルギー経営システム(ISO50001)は、組織のエネルギー消費及び効率を含むエネルギー成果を改善するためのシステムとプロセスが樹立できるように組織を助けたり、この規格を導入して充実に執行する場合、エネルギー費用減少はもちろん温室ガス排出を含む環境影響を減らす効果を期待するように設計されている。

ISO50001は全ての組織に適用できるようになっていて、経営陣の参与を強調している。またPDCA(Plan-Do-Check-Action)のサイクルを通じて持続的な改善を追及することによりその他の異なる経営システム規格、特にISO14001環境マネジメントシステム及びISO9001品質マネジメントシステムと連携して運営ができるようにしている。


EnMSの導入効果

全社的にエネルギー及び地球温暖化に対する根本的な考え方の変化

温室ガスの減縮及び地球温暖化防止に寄与

エネルギー使用に対するベースライン構築の効果

エネルギーの効率的な使用により費用節減

環境にやさしい企業イメージを広報

EnMSの構築体系

ISO50001はPDCA(Plan-Do-Check-Action)方法論を基盤として、エネルギー計画内のエネルギーベースライン、エネルギー成果指標、エネルギーマネジメント活動計画を樹立するように要求している。

EnMSの要求事項

  1. 経営責任
  2. エネルギー方針
  3. エネルギー企画
    - 法的及びその他の要求事項
    - エネルギー検討
    - エネルギーベースライン
    - エネルギー成果指標
    - エネルギー目標及び細部目標
    - エネルギー経営計画
  4. 実施及び運用
    - 適格性、教育訓練及び認識
    - コミュニケーション
    - 文書化
    - 設計
    - エネルギーサービス、製品、設備及びエネルギーの購買
  5. 点検
    - モニタリング、測定及び分析
    - 法的及びその他要求事項の順守可否の評価
    - 内部監査
    - 不適合、是正、是正処置及び予防処置
    - 記録管理
  6. マネジメントレビュー