ISO 認証 / 国際規格

EQAが競争力の向上のよきパートナーとなります。

Home > ISO 9001 / 国際規格

ISO 9001

ISO 9001:2015 規格の要求事項

ISO 9001:2015 の主な変更点は:

  • ISO 専門業務用指針第1部の附属書SLで規定されるHLSの適用
  • リスクに基づく考え方についての明確な要求事項
  • 文書化した情報の概念導入
  • サービス業に適用しやすくなる
  • QMSの境界を決定しなければならない
  • 組織の状況の強調
  • リーダーシップの強化

ISO 9001の規格要件

ISO9001:2015
1. 適用範囲
2. 引用規格
3. 用語及び定義
4. 組織の状況
4.1 組織及びその状況の理解
4.2 利害関係者のニーズ及び期待の理解
4.3 品質マネジメントシステムの適用範囲の決定
4.4 品質マネジメントシステム及びそのプロセス
5. リーダーシップ
5.1 リーダーシップ及びコミットメント
5.2 方針
5.3 組織の役割、責任及び権限
6. 計画
6.1 リスク及び機会への取組み
6.2 品質目標及びそれを達成するための計画策定
6.3 変更の計画
7. 支援
7.1 資源
7.2 力量
7.3 認識
7.4 コミュニケーション
7.5 文書化した情報
8 運用
8.1 運用の計画及び管理
8.2 製品及びサービスの要求事項
8.3 製品及びサービスの設計・開発
8.4 外部から提供されるプロセス、製品及びサービスの管理
8.5 製造及びサービス提供
8.6 製品及びサービスのリリース
8.7 不適合なアウトプットの管理
9. パフォーマンス評価
9.1 監視、測定、分析及び評価
9.2 内部監査
9.3 マネジメントレビュー
10 改善
10.1 一般
10.2 不適合及び是正処置
10.2 不適合及び是正処置


ISO 9001推進KEYPOINT

経営者の強い意志と支援

認証推進背景と効果に対するPR

共通意識形成のための教育

品質マネジメントシステム確立方向の正しい設定

目標達成のための積極的推進定

専門家の適切な活用と助言

認証取得にによる経営体制の確立とシステム改善に目標を置き品質マネジメントの手段として活用

ISO 9001の認証効果

顧客要求事項の充足(顧客満足)

体系的な管理体系構築

会社イメージ向上及びPR効果

マーケティング能力の向上

品質コストの減少で利益増大

意識改革

品質不良減少

品質マネジメントシステムの概要

ISO 9001:2015年版では、プロセス指向の構造で構成されており、プロセス指向の構造は、製品及びサービスのサイクルと経営管理のサイクルを示すPDCA(Plan- Do- Check- Act)に基づいています。 20個の要件を中心とする構造で、次の4つの主要プロセスから構成されている。