ISO 認証 / 国際規格

EQAが競争力の向上のよきパートナーとなります。

Home > BCMS / 国際規格

BCMS

BCMSの概要

基本概念
  - 事業継続マネジメントシステム(BCMS:Business Continuity Management System)は、組織に影響を及ぼすような事
    故発生可能性を減少させて、業務中断から素早く復旧できるように、反復的に実行可能なフレームウォークを提供する標
    準である。

背景
  - 顧客サービスの持続性保障、顧客信頼度維持、中断のない核心業務の遂行などのための迅速な手順と体制を構築して企業
    の価値を最大化することにある。


BCMSの構築の利点

復元力(Resilience)
     主要目標を達成する能力が中断される危険に備えて、事前に積極的に組織の復元力を改善

提供(Delivery)
     事業中断が発生された以後に主要製品及びサービスを合意された水準と時間以内に提供できるような能力まで復元させる
     ための事前練習方法を提供

管理(Management)
     事業中断を管理するために、検証されて事前予防的な対応方法を提供


BCMSのLIFE CYCLE

開発業務活動の中でPDCA MODELを連携するような汎用的な接近方法についてはBCMS規格で説明している

このような反復的なプロセスを通じて事業の継続性を組織内に構築し、管理することができる。PDCAプロセスはBCMSの継続的な管理とライフサイクル上のBCMプログラム管理が同一な意味であることを保障する。


BCMSの構成要素

Incident Management Plan
     非常事態発生以後、組織構成員の対応手順及び指針、人員避難、事態鎮静活動及び救護活動に対する各種指針書

Disaster Recovery Plan
     - Data Centerに対する復旧計画
     - Short term/Long termに備えたセンター運営計画
     - システム、ネットワーク Application分野の標準手順書

Business Recovery Plan
     - Business Function Unit:営業部門
     - Supporting Function Unit:人事、財務、購買分野