ISO 認証 / 国際規格

EQAが競争力の向上のよきパートナーとなります。

Home > EQA HACCP

EQA HACCP

EQA HACCPの概要

  • HACCP : Hazard Analysis Critical Control Point (ハザード分析重要管理点)
  • EQA HACCP 認証プログラムは、食品と飲料の製造工程、販売、流通だけでなく、初期開発及び原料の生産から 最終消費者に至るまでの全過程に対する安全性を、システム的に評価し検証する認証サービスである。

EQA HACCP認証の期待される効果

HACCP 管理システムの構築

食品の安全性を、第3者認証に通じて検証

ハザード評価と予防活動により、ハザード要素を最小化

顧客満足

規制と法的要求事項の順守

業務効率の向上及び持続的改善

EQA HACCPの要求事項

  1. 適用範囲
  2. 参照規格
  3. 用語の定義
  4. 経営責任 : 組織及び責任 / 教育訓練 / 不適合製品及び管理
  5. HACCP
    - HACCPチーム及び製品分析 / フローヅ図 / ハザード分析及び予防処置 / 重要管理点及び許容限界の決定及び   モニタリング / 是正及び予防処置 / 記録 / 検証
  6. 食品衛生基準
    - 食品の搬入 / 貯蔵 / プロセス / 陳列 / 包装 / 運送 / 廃棄 / 回収
  7. 品質管理 : 手順 / 製造管理基準 / 識別及びトレーサビリティ/ 測定装備
  8. 販売及び購買: 販売, 購買, 供給者の選定
  9. 文書 : 文書管理 / 記録準

EQA 認証のメリット

  • 少ない費用で、短期間に準備可能である。
  • システムの確立と維持が容易尾である。
  • 工程と製品に対する審査基準が相対的柔軟である。
  • 認証審査を準備する過程において、相対的に負担が軽減される。
    (注意事項:政府が義務的に認証を要求する製品及びサービスに対しては,別途に準備及び認証を取得する必要がある)