方針・公開情報

EQAが競争力の向上のよきパートナーとなります。

Home > EQA 方針・公開情報

品質経営方針  <2015.10.1>

EQAは、ISO認証機関、温室効果ガス、検証機関、IRCA研修機関として、次のような品質経営方針を公表する。EQAの全ての審査員と役職員は、方針を順守し実行する責任がある。

  • 基本に忠実なグローバル組織
  • 未来志向的で創造的な人材の育成
  • 国際交流と制度の発展に寄与

EQAは、品質経営方針の実行を保証するために、顧客サービス方針と審査方針、機密維持方針、認証停止、取消、認証範囲縮小の方針等を別途公表し、毎年経営方針と経営目標を設定して実行する。

2015. 10. 1


顧客サービス方針  <2015.10.1>

  • お客様に近いサービス
  • お客様を中心に考えるサービス
  • お客様に役立つサービス

審査方針  <2015.10.1>

  • 価値ある審査
  • エクセレントを目指す審査
  • 卓越した審査

公平性宣言文  <2015.10.1>

EQAは、ISO認証業務と温室効果ガス検証業務、IRCA研修業務を含め、全ての業務を遂行する過程で、常に公平性の重要性を理解し、利害相反が発生しないよう管理する。このような方針を実行し維持できるよう、次の通り公平性に関する宣言を行なう。

  1. 当機関に従事する全ての要員は、常勤及び非常勤を問わず、地理的な位置に関係無く、EQAの文書化された手順に従って公平性を順守し、利害相反が発生しないよう、遂行する業務を客観的かつ公明正大に遂行しなければならない。
  2. 全ての決定を下す際には、客観的証拠に基づいて判断し決定する。
  3. EQAの諸般業務を遂行する過程において、他人に圧力を行使せず、また内部/外部の圧力に影響を受けず業務を遂行するようにする。
  4. EQAの最高経営者は、法的に効力のある契約と文書化された手順によって、認証及び検証業務を遂行する要員が、公平性を維持することができるよう保証し、直接的であれ間接的であれ、認証/検証業務の公平性に影響を与え得る行為をしない。
  5. 認証/検証業務と研修業務の遂行において、公平性に影響を与え得る事項については、内部/外部のコミュニケーションを通じて解決し、公平性の保証のために文書化されたシステムを構築し、体系的にモニタリングを実施する。
  6. 機密維持方針、適格性宣言文、認証の停止及び取消時の方針等の他の方針とも一貫性を維持し、ホームページを通して利害関係者にも公平性宣言文を公表する。

EQAを代表して、上記の通り公平性に関する方針を宣言し、EQAの全ての役織員が順守することを誓約する。

2015. 10. 1